国際学術交流を推進するために,韓国文化歴史地理学会と共同で下記要領にて日韓共同学術セミナーならびに共同巡検を開催します。学術セミナーでの報告者を募集しますので,下記の要領をご覧の上,応募ください。

2019年度 日韓共同学術セミナー・共同巡検のお知らせ(第1報)

日 時:2019年11月23日(土)13時~17時 
場 所:ソウル(詳細は後日,学会HPにてお知らせします。)
形 態:地理学大会の韓国文化歴史地理学会特別セッション
共同テーマ:地理学の近代・近代の地理
 前近代の伝統地理学が,日本と韓国でどのように近代地理学に移行したか,あるいは近代期に両国の地理はどのように変化したかについて,自然事象と人文・社会事象の両面を含めて多面的に議論する。
発表方式
  日韓双方が母国語で口頭発表するが,発表にはパワーポイントを用いる。スライドは漢字を多用したものか,可能であれば日本語・韓国語併記のものを発表者が用意する。報告時間は約30分,質疑20分程度。質疑応答においては,日本語・韓国語の通訳がつく。発表要旨は,A4版2枚以内のものを日本語版・韓国語版の双方を作成し,当日配布する。発表要旨の韓国語への翻訳は,韓国文化歴史地理学会が行うが,発表者自らが行ってもよい。
発表の申し込み
  2019年5月末までに,氏名,所属,題目,連絡先を記して,メール・ハガキ・ファックスのいずれかで,歴史地理学会事務局までお申し込みください。なお,募集人数は2名ですので,応募者多数の場合は,渉外委員会にて選考させていただきます。ご承知ください。

共同巡検
 日 時:2019年11月24日(日)9時~15時
 場 所:ソウルまたはソウル近郊(詳細は後日,学会HPにてお知らせします。)

 本セミナーならびに共同巡検は,参加費が必要となりますが,歴史地理学会会員はどなたでも参加できます。参加費につきましては後日,学会HPにてお知らせします。なお,本学会では,歴史地理学の国際交流を促進するために「海外学術交流支援基金」を設けています。基金の詳細については,学会HP掲載の「歴史地理学会学会 海外学術交流支援基金」創設のお知らせ,をご覧ください。上記の2019年度日韓共同セミナーで発表される場合には,支援基金を優先的に支給させていただきます。共同セミナー発表へふるってご応募ください。